1. 決算書(BS PL)に表示されていること


 経営活動の基本は3つの活動

 経営活動は極めて多様な活動の集積ですが,もっとも基本の枠組みでとらえると,次の3つの活動から成り立っていることがわかります。

 @ 資金を集める(資金調達活動)
 A 資金を投下する(資金運用活動)
 B 利益をあげる(営業活動)

 会社は,株主からの出資金や金融機関などからの借入金によって経営活動を行うための資金を集めます(資金調達活動)。集められた資金は,経営活動に投下されます。たとえば,商品の仕入れの代金に当てられます(資金運用活動)。そして,その商品を実際に販売することで,利益をあげます(営業活動)。こうして生み出された利益は再び次の投資にまわされ,拡大再生産するという好循環を生み出すことが経営活動の正常な流れです。

 会計情報を読むことはビジネスに必須

 会計(Accounting)の果たす役割は会社のおカネ(財務)に関する情報を会社の内外に提供することにあります。会計は企業の財務に関する情報システムであり,ビジネスの共通言語によって書かれた経営情報といえます。決算書を正確に読みこなすことのできる能力は,これからのビジネスパーソンにとって必須のビジネスリテラシーということができます。
 このような経営活動の会計情報は決算書に開示されます。決算書は俗称で,法律や会計基準によっていろいろな呼び方をします。ここでは,金融商品取引法による財務諸表と呼ぶことにします。実際には次の2つのが重要です。

 @ 貸借対照表(balance sheet BS)
 A 損益計算書(profit & loss statement PL)

 貸借対照表(BS)がある時点(通常決算日)の会社の財政状態を明らかにした表であり,損益計算書(PL)が一定期間(1年などの会計期間)の会社の経営成績を明らかにした表です。財務諸表には,このほかにキャッシュ・フロー計算書(CS),株主資本等変動計算書などありますが,これらの見方は別に譲り,ここではBS,PLを中心に検討していくことにしましょう。また,現代の経営活動は企業集団としての取り組みが中心になっています。会計情報も企業集団を対象とした連結財務諸表を中心に見ていくことにします。
 財務諸表を分析するには,そのもとになる資料が必要です。株式を上場している企業は,有価証券報告書を作成し,金融庁に提出することが義務づけられています。したがって,これらの会社の財務諸表は金融庁ホームページ「EDINET」から入手することができます。
 この特集では実際の会社のBS,PLを使って,その概略の読み方を解説します。
 会計学の財務諸表論ではなく,ビジネスをすすめるうえで知っておくべき必要最低限のポイントを解説しています。わかりやすさを基本にしたため,理論的な厳密な扱いを避けたところがあります。興味を持たれた読者は,これを機会により詳細に学習していただくことを期待します。

表紙へ戻る

Page 1.

Go to Page 2.

 

 

目次へ戻る