3. 仕事を効果的に任せるにはどうしたらよいか

 仕事を任せることによるデメリットを最小限に抑え,メリットを最大化する“効果的な任せ方”とは,どのようなものでしょうか。

◆ 仕事を任せるとは

 まずは,仕事を任せるとはどういうことか,明確にしておきましょう。

              <仕事を任せるとは>
 他者に対して,目的と目標を明確に示したうえで一定の責任と裁量権を与え,具体的な実行の方法やプロセスを任せること

 ここで忘れてはならないのは,仕事を任せるリーダーの側には,任せた仕事についての最終的な「結果責任」が伴うという点です。というのも,仕事を委任するという判断そのものを,任せる側のリーダーが行っているからです。
 同時に,任せる側には,任せた仕事がうまく達成されるよう,必要に応じた指導・支援を行うべく「管理責任」が生じます。結果責任をとるということは,期待される結果が出ないときには,その結果が出るまで自らが矢面に立って問題に対処することを意味します。仕事を任せるリーダーの立場であれば,「あなたに任せた仕事だから,できなかったときの責任は,任されたあなたがとるべきだ」といって,メンバーに責任を押しつけることはできません。起こった問題に自ら対処ができないならば,その人はリーダーとしての役割を果たしていないことになります。

 もちろん,任される側のメンバーにも,任せたリーダーに対して,誠実かつ最大限に,任された仕事を完遂するべく努力する「遂行責任」があることはいうまでもありません。

◆ 仕事を任せるプロセス

 次に,適切に仕事を任せる際のプロセスを時間の流れに沿って整理しておきましょう。仕事を任せるプロセスは,大きく3つのステップに分けることができます。

ステップ1:任せる側が任される側に行う仕事の“指示”

 メンバーはこの指示によって,何を任されたのかを理解します。したがって,適切な指示を行うことは,効果的に仕事を任せるための鍵となります。

ステップ2:任せた後の“フォローアップ”

 任せた仕事が予定どおりすすんでいるかを確かめる進捗確認,および,必要に応じて行う指導・支援がこれに該当します。これらを怠ると,任せた仕事に問題が生じたり,納期の遅れにつながったりします。

ステップ3:成果についての“振り返り”

 任せた側と任された側の両者で振り返りを行うことは,的確な業務遂行の再現性を高めるとともに,任されたメンバーの成長を促すために極めて重要です。
 このように,仕事の任せ方に関する基本的な流れを押さえておくことは,有効な仕事の任せ方を実践していくための基礎となります。以下の章では,これらの各ステップにおける留意点や実践のポイントを明らかにしていきます。

表紙へ戻る

Page 1.

Go to Page 2.

 

 

目次へ戻る