改訂新版 気になる強い会社の経営数字を見通す

強い会社の経営数字比較分析コース

受講期間:3ヵ月 受講料:19,800円

講座の概要と特徴

◎トヨタ,ホンダなどのB/S,P/Lを分析――経営分析の実践的演習ができます。

◎ライバル企業との比較分析により,管理者としての行動規範が得られます。

◎決算書を使った会社の問題点の見抜き方や倒産後の処理の実態を具体的に学ぶことができます。


-------------------------------------------

●【マルチデバイス対応】 オンラインでもオフラインでも学習できる!!

教材写真

テキスト:3冊 提出課題:3回

マルチデバイス対応 Web提出可

※ テキストはインターネットで閲覧できます。Web提出には「Microsoft Word」が必要です。

1.強い会社に学ぶ
  儲かる収益構造のつくり方

・決算書の読み方のおさらい(財務諸表早わかり)
・強い会社に見る決算書の特徴(旭硝子をモデルに分析)
・強い会社の決算書は不変ではない(キヤノン,味の素,三菱地所,ファーストリテイリング,楽天をモデルに分析)
・比較分析をすすめるときの基本手順(経営分析の取り組み方)
・強い会社,強い企業体質とは
 

 

2.競争に勝つ比較分析のすすめ方
 

・経営比較分析のすすめ方の実際(比較分析のポイント)
 キリンHDとアサヒグループHDの比較分析
・強い会社の比較分析の具体的展開(ケーススタディー)
 トヨタ・ホンダ・日産/セブン&アイHD・イオン
・比較分析の結果をどう活用するか(経営改善を評価する指標)
・比較分析をマネジメントにどう生かすか

3.倒産会社の敗者の条件を探る
 

・決算書からわかる問題の兆候(問題のある決算書)
・経営危険度の察知と粉飾の手口(倒産の予兆と粉飾)
・財務指標による経営危険度のとらえ方
・危ない会社を見抜くチェックポイント
・倒産の処理はどのようになされるか(会社の整理の仕方)
・M&Aによる生き残りの方策(組織再編のすすめ方)

 

一般社団法人日本監督士協会

経営マネジメント数字(全社員必須)